Now Loading...

Service 相続税などのご相談

家族や会社の財産を守りたい

相続税、遺言書の作成、贈与税、不動産の活用などのご相談

事業継承のことを相談したい 子供に住宅取得資金の贈与をしたい

相続税について

相続税法の改正により、相続税の納税を心配をされる方がふえていらっしゃいます。また、相続税はかからなくても、財産の分割で揉めることも多くなってきています。相続手続きは相続人の調査から始まり、不動産の名義変更等多岐にわたり、とても面倒なものです。
当事務所では丁寧にそのお手伝いをいたします。

相続税申告
訪問、資料確認、ご希望など話し合いながら進めます。
遺言書の作成
相続争いを防ぐためにも、ぜひ遺言書の作成をお勧めします。
遺産分割のご相談
申告の必要のない方でも財産の分割は重要です。
相続全般についてご相談受け賜ります。
財産登記
財産の分割が決まりましたら、速やかに相談登記をしましょう。
司法書士さんのご紹介もさせて頂きます。
納税資金の相談
納税資金は早めに準備しましょう。
相続対策から実際の納税まで、詳しくご説明、ご相談に応じます。
空き家の活用の相談
あなたの田舎の空き家、どうしてますか?
近年、「空き家問題」は深刻化しています。あなたの持っている空き家が犯罪に活用されたり、周辺の方の迷惑になる前に正しく活用していけるよう、一緒に考えましょう。
遺贈寄付
少しでも自分の財産を世の中のために役立てたい。
亡くなった後に残した遺産をNPOなどに贈る「遺贈寄付」という取り組みが注目を集めています。自分の財産が少しでも世の中の役に立ってくれるのなら寄付したいと考える方は少なくありません。あなた様が社会貢献したいという気持ちをお手伝いいたします。

贈与税について

贈与税の優遇税制を活用して、子供世代への財産移転を考えたい。
生前にできる範囲の財産を子供や孫に贈与したい。

  • 住宅資金の贈与
  • 贈与税の基礎控除の活用
  • 配偶者への居住用不動産の贈与の特例
  • 生命保険を利用して受取人を確定したい

相続税のご相談から申告までの流れ

  1. 相続財産額の計算

    法定相続人が法定相続分で遺産を引き継いだと仮定して、法定相続人ごとの税額を計算します。それらを合計して実際に遺産を相続した割合で按分計算した金額が、それぞれの人の相続税の額となります。

  2. 遺産分割協議の仕方

    相続人全員の合意で被相続人(亡くなった方)の遺産の分け方を決めていきます。遺言状があればそれに従って遺産相続をします。遺言状がない場合は相続人全員の法定相続分の割合で共有していることになります。

  3. 遺産分割協議書の作成

    相続人それぞれが何を相続するのか決めて書面にしっかりと記して記名押印(実印)します。

  4. 申告

    この遺産分割協議が整ったら申告します。これで各人が思い通りに財産を処分する事ができるようになります。

じっくりお話を伺い丁寧にご説明いたします。

このページのトップへ

0466-35-5563

営業時間
9:00 - 17:00(月曜〜金曜)

お問い合わせ

copyrights © MIYAJI CERTIFIED TAX ACCOUNTANT OFFICE, All rights reserved.